ロダンのココロ国語辞典~と、言葉をめぐる僕の視点 ロダンのココロ国語辞典~と、言葉をめぐる僕の視点

ロダンのココロ国語辞典~と、言葉をめぐる僕の視‪点‬

    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

あの「ロダンのココロ」が帰ってきた!

やさしく、とぼけていながらもと時にするどく日常を観察するロダンの漫画と、著者である内田かずひろ氏が、
60歳を迎えようとしてもなお生きづらさを抱え続ける毎日をユーモラスにエッセイで綴る国語辞典。

▼第一章 あいうえお・かきくけこ

「あ」行
ありがとう【有難う】 侮りがたし、女子高生の言語感覚
いってきます【行ってきます】 人を大事にできる人は、自分を大事にしてる人
うめる【埋める】 目をそらして済むこと、済まないこと
えがお【笑顔】 彼女は、あえて笑わなかったのだ
おかえり【お帰り】 出かけた人が本当に帰ってくるのか、という不安
「か」行
かえる【帰る】 「帰る場所がない」ことの精神的苦痛
きたい【期待】 ずっと自分に裏切られてきた
くも【雲】 本当のその人に会うことは、実はとても難しい
けんか【喧嘩】 珈琲をたれるお店
こころ【心】 もう僕の心は鳴らないのだろうかと思うときがある

▼第二章 さしすせそ・たちつてと
「さ」行
さく【咲く】 描かれていない気持ちが見えるマンガ
し【死】 僕が思い出せるかぎり、別れた人もそこにいる
すきま【隙間】 耳を折りたたむときの気持ちよさの正体
せいちょう【成長】 永遠の二十七歳を生きている
そらもよう【空模様】 「宇宙には果てがある派」の敗北
「た」行
たいふう【台風】 「ちゃんと兄ちゃんらしくしてよ!」
ちかみち【近道】 読みたい箇所が1ページしかなくても本を買った時代
つめ【爪】 発達障害と診断してもらえない
でんしんばしら【電信柱】 あの時の電信柱の弟役は、脇役だったのかもしれない
ともだち【友達】 中学一年生のクリスマス・イブに亡くなった友達

▼第三章 なにぬねの・はひふへほ
「な」行
ない【無い】 お金がないときに出る身体的症状
におい【匂い】 三日間でいいから犬になってみたい
ぬま【沼】 底なし沼は地球の反対側までつながっているのか
ねこ【猫】 「ネコのマンガを描けばいいのに」
のき【軒】 運命を感じていたのは僕のほうだけだった
「は」行
はっぱ【葉っぱ】 銀杏の違いには、複雑な理由があるはずなのだ
ひなたぼっこ【日向ぼっこ】 いったい人生何周目ですか?
ふんばる【踏ん張る】 パラレルワールドの自分が幸せなら、それでいい
へいてん【閉店】 優柔不断は閉店するまで買うものを選べない
ほん【本】 本を読むときに映像が浮かびますか?

▼第四章 まみむめも・やゆよ
「ま」行
まつ【待つ】 僕らが思う以上に、犬は待っている
みられてる【見られてる】 「僕を見て笑ってましたよね?」
むし【虫】 まんが道の続きをまだ歩いている
めがね【眼鏡】 「似合うよ」と言わないで
もう いつもみんな、僕だけを残して進んでいく
「や」行
やさしさ【優しさ】 小さな親切、大きなお世話
ゆき【ゆき】 しつけのための迷信に本気でおびえる
ようかい【妖怪】 妖怪はこの世に実在している

▼第五章 らりるれろ・わをん
「ら」行
らく【楽】 小さな親切、大きなお世話
りふじん【理不尽】 理不尽を教えてくれた駄菓子屋さん
るすばん【留守番】 留守番のときに本気で「番人」をしていた話
れいんこーと【レインコート】 「レイン! オー、イエス!」
ろだん【ロダン】 常識の上にいてもいなくても、可笑しい
「わ」行
わすれる【忘れる】 網棚に原稿を置き忘れて降りたことが二回もある
をて【お手】 昔は金持ちでも、今が貧乏なら貧乏なのだ
ん~? サンデーモーニングが気になって仕方ない

ジャンル
小説/文学
発売日
2024年
3月21日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
大和書房
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
32.1
MB

内田かずひろの他のブック

子どものための哲学対話 子どものための哲学対話
2009年
ロダンのココロ 春 ロダンのココロ 春
2013年
ロダンのココロ 夏 ロダンのココロ 夏
2013年
ロダンのココロ 秋 ロダンのココロ 秋
2013年
ロダンのココロ 冬 ロダンのココロ 冬
2013年
ロダンのココロいろはのきもちクリニック ロダンのココロいろはのきもちクリニック
2016年