• ¥710

発行者による作品情報

福島第一原発事故の直後に投入されたのは、日本のロボットではなく、アメリカ製だった。ソニーのアイボやホンダのアシモなど、世界トップとされていた日本のロボット技術は、なぜ役に立たなかったのか?一方、アメリカではグーグルが自動運転車の実証試験を進め、アマゾンがドローンと呼ばれる無人機での配達を目指すなど、ロボットに対する巨額の投資が活発化している。日本でも、安倍首相は「ロボット革命」を経済成長戦略の目玉としている。人間はロボットをどう受け容れればよいのか? 日本のロボット開発はどうあるべきか? 自らロボット開発に携わる著者が考察する、ロボット社会の今と未来!

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014
12月10日
言語
JA
日本語
ページ数
149
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
7.2
MB

本田幸夫の他のブック