ロマンとそろば‪ん‬

ソフト会社CEOの独り言

    • ¥1,700
    • ¥1,700

発行者による作品情報

独立系ソフトウェア会社の創業者・CEOが、2013~18年に自社のメールマガジンに毎月連載したコラムをまとめた一冊。ソフトウェア業界の黎明期から今日までのこと、自分の身の回りのこと、実際に体験したことだけを思うがままに綴った。


<人気コラムBEST 3>

No.1 『嘘のような本当の話』

子どもの頃、当時は貴重で珍しい食べ物だったバナナが、近所の浜辺に大量に流れてきた。拾い集めて憧れのバナナを堪能する嘘のようなお話。

No.2 『私、失敗しないので』

創業以来、数え切れないほどの失敗をしてきたが、その中でも特に印象に残っている大失敗をご紹介。

No.3 『なくした「黒革の手帳」』

外出するときは必ず持ち歩いていた大切な手帳をなくしてしまった。あちこち探すが見つからず、ため息がでるばかり。そんな愛しの手帳を大捜索する。

【目次】

・2013年(第1~2回)

会社創業三十年に想う 

勝つのは「変化できる者」 

・2014年(第3回~第14回)

クラウドは「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」 

スマートフォンとガラパゴス携帯、「選択」か「両立」か?悩めるシルバー

短所と長所は裏返し 

学歴、成績不問 今、グーグルの採用基準が面白い!!

スタンドバイミー、友は一生の宝 

「井の中の蛙、大海を知らず」 ほか 

・2015年(第15~26回)

デパ地下で遊ぶ! 

慢心が招く「今そこにある危機」 

酒とバラの日々 

街のナショナルショップから学んだ「お困りごと」ビジネス 

見かけより中身で勝負! 

謝り方の研究 ほか 

・2016年(第27~38回)

震えた、あの日 

裏側にこそあるビジネスの本質 

油断は大敵 

ジェネリックの功罪 

I'm on a diet. 

私、失敗しないので ほか

・2017年(第39~50回)

Make Japan Great Again 

「公認プロモーター」に任命されて 

百年時代の人生戦略 

なくした「黒革の手帳」 

夫婦別姓に思う 

死の淵からの生還 ほか 

・2018年(第51~52回)

ホワイト企業 

私の相撲史

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2018年
6月1日
言語
JA
日本語
ページ数
225
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
2.3
MB

高橋 啓介の他のブック