ワンダー・スクール・ボーイ(8) ワンダー・スクール・ボーイ(8)
ワンダー・スクール・ボーイ

ワンダー・スクール・ボーイ(8‪)‬

    • ¥530
    • ¥530

発行者による作品情報

▼第40話/アイリスの男▼第41話/兄と弟▼第42話/憎悪と恐怖▼第43話/過去の呪縛▼第44話/人を想う気持ち▼第45話/ラストダンス●登場人物/椿天司(私立蘭城高校2年。父親の借金返済のため、学校に内緒で探偵稼業に励む)、立花希倫(私立蘭城高校2年。天司が探偵をしていることを知り、強引に助手となる)、室戸信乃(25歳。室戸探偵事務所長。天司の雇い主。頭脳明晰の謎の美女)、室戸雪(18歳。室戸探偵事務所員。信乃の妹で、天司のパートナー)●あらすじ/謎めいた男に呼び止められた希倫。男は「“今度の相手には気をつけろ”とアイリスの男が言っていた」と伝えろと、希倫に告げる。依頼料を滞納している依頼主のところへ取り立てに行った天司は、そこで特別製の左手を持った強敵・劉(りゅう)と戦うことになってしまう(第1話)。●本巻の特徴/3年ぶりに父・光太郎と再会した天司。光太郎は3年間、実の息子であり、天司の兄でもある真宗(まさむね)を追い、世界中をかけまわっていたという。そしてその真宗は日本に戻ってきて、刺客・劉と共に天司を殺そうとしていた……!! 光太郎が真宗を追っていた理由、莫大な借金をした理由、秘められた真宗の過去…。全てが明らかにされる、緊迫の最終巻!●その他の登場人物/椿光太郎(天司の父。11億円の借金を残し行方不明になっていたが、3年ぶりに姿を現した)、椿真宗(天司の兄。天司を倒すべく、日本に帰ってきた)

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2000年
5月18日
言語
JA
日本語
ページ数
200
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
40.7
MB

清水洋三の他のブック

麻雀放浪記2020 上 麻雀放浪記2020 上
2019年
オール1の落ちこぼれ、教師になる(1) オール1の落ちこぼれ、教師になる(1)
2008年
麻雀放浪記2020 下 麻雀放浪記2020 下
2019年
ワンダー・スクール・ボーイ(1) ワンダー・スクール・ボーイ(1)
1997年
オール1の落ちこぼれ、教師になる(2) オール1の落ちこぼれ、教師になる(2)
2008年
ワンダー・スクール・ボーイ(2) ワンダー・スクール・ボーイ(2)
1997年

このシリーズの他のブック

ワンダー・スクール・ボーイ(1) ワンダー・スクール・ボーイ(1)
1997年
ワンダー・スクール・ボーイ(2) ワンダー・スクール・ボーイ(2)
1997年
ワンダー・スクール・ボーイ(3) ワンダー・スクール・ボーイ(3)
1998年
ワンダー・スクール・ボーイ(4) ワンダー・スクール・ボーイ(4)
1998年
ワンダー・スクール・ボーイ(5) ワンダー・スクール・ボーイ(5)
1999年
ワンダー・スクール・ボーイ(6) ワンダー・スクール・ボーイ(6)
1999年