• ¥1,100

発行者による作品情報

徳川家・鍋島家・水戸家、そして松平家。一流の男たちの「心の構え方」。・「見栄」は一流の男の滋養である ・脇の締めは、卵1個分がカッコいい ・最後まで気を抜かず、「残心」を残す ・“頭”ではなく“丹田”で考える など。“一流”を目指すのに、「他人からの評価」も「ブランド物」もいりません。では、何が必要か? 凛とした強さとやさしさをもつ松平洋史子先生が、本書で伝えます。周囲の信頼を集める「一流」をめざす男性も、パートナーに「一流」になってもらいたい女性も必読です!

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2015
10月30日
言語
JA
日本語
ページ数
144
ページ
発行者
日本文芸社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
7.8
MB

松平洋史子の他のブック