• ¥1,100

発行者による作品情報

「以前は見えていた新聞の字が読めなくなった」
「自動車のヘッドライトがまぶしくて、夜間の運転ができなくなった」

こうした問題を解決するべく、白内障手術を希望する人が増加しています。
近年は日帰りでの治療が可能になったこともあり、国内の手術件数は年間120万件を超えました。しかし、それほどポピュラーになりつつある手術にもかかわらず、誰もが満足する結果を得られていない現状があるのです。

また、一口に白内障手術といっても、症状の進行度やや近視、遠視、乱視など、目の状態はそれぞれ異なるため、治療法や手順も一人ひとり“正解”は異なります。

そこで本書では、ものが「よく見える」とはどういうことなのか、人間の目のしくみをはじめ、白内障手術の基礎知識、信頼できる執刀医の選び方、ライフスタイルにあった眼内レンズの選び方などを詳しく解説。さらに、術後も目をずっとよい状態に維持するためのケアや検診についてもわかりやすく紹介しています。

ジャンル
職業/技術
発売日
2018
3月20日
言語
JA
日本語
ページ数
202
ページ
発行者
幻冬舎メディアコンサルティング
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
15.1
MB

市川一夫の他のブック