丁半小僧武吉伝 賽の目返‪し‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥550
    • ¥550

発行者による作品情報

江戸は天保年間、八歳の少年武吉は兄・幸次郎の影響で一端の壺振りとなっていた。だが悪童たちとの賭博遊びが露見し、川越の呉服問屋・庄田屋へ奉公に出されてしまう。一方川越では博徒組織・竜神組による庄田屋乗っ取り計画が進んでいた。主家の危機を救うため、勝負の場で武吉が壺を振る——丁半博奕の天才少年武吉の活躍を描く痛快時代小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014年
11月28日
言語
JA
日本語
ページ数
188
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.3
MB

沖田正午の他のブック

2010年
2010年
2016年
2014年
2010年
2011年