三つの指‪環‬

    • 3.2 • 25件の評価

発行者による作品情報

「三つの指環」大正時代に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の童話。乞食から指輪をもらったバクダット国王「アブタル」、美しい町娘、老人「ギラルリイ」をめぐる物語。それぞれ指輪を持っていたが、国王だけがそれを指にはめていた。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013年
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
14.7
KB

カスタマーレビュー

巨人阪神

面白いです

面白い。なんか不思議な感じがしました。

芥川龍之介の他のブック

1919年
1922年
1990年
1999年
1928年
1924年

カスタマーはこんな商品も購入

1952年
1943年
2013年
1634年
1910年
1939年