発行者による作品情報

明治時代のは日本の小説家、評論家、英文学者夏目漱石。本名、金之助(きんのすけ)。『三四郎』は底本の「「三四郎」角川文庫クラシックス、角川書店」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~一三)」などが収録されている。初出は「朝日新聞」1908(明治41)年9月1日~12月29日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1912
9月1日
言語
JA
日本語
ページ数
297
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
206.1
KB

カスタマーレビュー

Hbhrjbjgnkkn

すっきりした

学校で、一部しか扱ってくれなかったので、よくわからなかったが、流れがわかってすっきりしました^o^

夏目漱石の他のブック