• ¥1,500

発行者による作品情報

宮城谷文学の決定版「三国志」シリーズ孝心(親孝行)を奨励した後漢末期、名臣が輩出した。皇帝の外戚の何進、劉備の師となる盧植、曹操に重用された荀彧(じゅんいく)ら七人を描く


後漢という時代は、人の美質のなかで、

「孝心」

を至上とした。能力よりも得を重視し、その徳の基(もとい)は、父母によく尽くす心とおこないにあるとした。官吏の採用にも、その基準が適用された。これは、目上の人に礼儀正しく、人におもいやりのある者に政治をさせようとする狙いであり、べつのいいかたをすれば、政治を冷えないようにさせる制度である。

(中略)

親孝行を奨励する風潮が悪いはずはなく、たしかにその制度にそって名臣が輩出した。

(本文より)


○妹が皇后となり、一介の肉屋の息子から皇帝の外戚として出世し、王朝の屋台骨を支えた何進(かしん)。

○黄巾の乱で功を上げ、董卓に対抗した朱儁(しゅしゅん)は、深く母を愛し、後漢王朝が掲げた「孝」の手本となった。

○「王佐の才(皇帝あるいは王を輔ける才能を持った者)がある」と言われ、後年、董卓の暗殺に成功した王允(おういん)。

○身長八尺二寸(189センチ)、学者ながら軍人としても優れた才能を発揮した盧植(ろしょく)。若き日の劉備は蘆植の学者で学んだ。

○孔子二十世の子孫で、幼少期から才気溢れていた孔融(こうゆう)。権力者の曹操に対しても果敢にその否を鳴らしたが……。

○『書経』や『史記』に学び文武に優れた皇甫嵩(こうほすう)は私利を追わず、その生涯を霊帝へ忠義に捧げた。

○曹操と献帝の双方から重用され、板ばさみに苦悩した“陰徳の人”荀彧(じゅんいく)。


張角率いる「黄巾の乱」が勃発した後漢末期の「名臣」たちの生涯。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
2月15日
言語
JA
日本語
ページ数
368
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.2
MB

宮城谷昌光の他のブック

このシリーズの他のブック