三河雑兵心得 : 8 小牧長久手仁‪義‬

    • 4.2 • 5件の評価
    • ¥710
    • ¥710

発行者による作品情報

新たに版図となった甲斐と信濃を踏みならすため、茂兵衛は信州惣奉行の寄騎として東信濃に派遣される。彼の地でまみえたのは有力国衆である真田昌幸。実力は申し分ないながら狡猾さと変わり身の早さから信用が置けないと評される御仁である。一方その頃、主君家康は苦悩していた。織田家を簒奪した秀吉との間で開戦の気運が高まるものの兵力の差は歴然、しかも血気に逸る徳川家臣団は制御不能に陥っていた。かような訳で、隠れ非戦派の茂兵衛にもついに出陣が命じられるが……。戦国足軽出世物語、右顧左眄の第8弾!

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2022年
2月9日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.2
MB

井原忠政の他のブック

2020年
2021年
2021年
2021年
2020年
2020年

このシリーズの他のブック

2020年
2020年
2020年
2020年
2021年
2021年