• ¥550

発行者による作品情報

人生のさまざまな場面をとらえ、生きることとは何かを綴る好エッセイ集。

「私たちがもし良心というものを自分の全生活の中において、最も重要なものだとして生きるならば、良心に従って宣誓することなど、そう簡単になし得ないのではないだろうか」(「良心に従って」)。「自分で自分の人生に見切りをつけた時、その人生は貧しくなる。しかし希望を持った時、実に豊かに生き得るのだ」(「希望は失望に終らない」)。街路樹・ナナカマドの街・旭川から贈る生きることへの好エッセイ集。

「三浦綾子電子全集」付録として、旭川を紹介したエッセイ「わたしの好きな旭川」を収録!

ジャンル
小説/文学
発売日
1989年
1月20日
言語
JA
日本語
ページ数
236
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
969.7
KB

三浦綾子の他のブック

このシリーズの他のブック