発行者による作品情報

「三角形の恐怖」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の小説家、SF作家、推理作家、漫画家、科学解説家である海野十三の小説。この作品は細田という三十三歳の男を実験台とし、三角に対する恐怖を抱かせ、強迫観念を加速度的に増大させる実験を書くもの。

ジャンル
小説/文学
発売日
1931
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
22
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
21.2
KB

海野十三の他のブック