• ¥1,500

発行者による作品情報

「宇宙から大地」編、ついに激突!!

2018年10月放映、ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』に連なる、「宇宙から大地」編、クライマックスへ――!

社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。果たしてその挑戦はうまくいくのか――。
ベンチャー企業「ギアゴースト」や、ライバル企業「ダイダロス」との“戦い”の行方は――。
帝国重工の財前道生が立ち上げた新たなプロジェクトとは一体――。
そして、実家の危機に直面した番頭・殿村直弘のその後は――。

大きな挫折を経験した者たちの熱き思いとプライドが大激突!
準天頂衛星「ヤタガラス」が導く、壮大な物語の結末や如何に!?
待望の国民的人気シリーズ第4弾!!

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
10月3日
言語
JA
日本語
ページ数
376
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
2
MB

カスタマーレビュー

pao2525

池井戸作品の最高傑作

私自身は過去の傑作シリーズである、下町ロケットや半澤直樹シリーズを凌ぐ傑作だと思います。

今までは著者自身の経験からくる、銀行や企業内部の対立構造のドロドロから、最後に清らかなひとしずくがもたらされる作りでした。

本作は最先端の衛星がもたらしてくれる恩恵と農業、特に日本人の根幹に関わる稲作がテーマです。

農業というテーマで、工業製品だけでなく、米作りませもが生き生きと描かれている本作は、日本人なら素直に頷ける、渾身の作品だと思います。

また本作最大の敵役的場俊一も、父親との葛藤など、どこか悪党になり切れない魅力もありました。

読んでよかった、と思える作品です802525

ははのひさいこう

さすが

さすがといっていいほどの内容でした。
何度でも読めてしまいます

奈美恵奈美恵奈美恵な

爽やか

楽しく読めて良かったです。

池井戸潤の他のブック

このシリーズの他のブック