• ¥330

発行者による作品情報

日本橋、丸の内、銀座、品川…、都心で次々と再開発プロジェクトが立ち上がっている。平均賃料も上昇、低金利や円安を背景に不動産投資も活発だ。
都心と湾岸部ではマンション開発が目白押し、タワーマンションをはじめとした「億ション」は外国人投資家や、富裕層が相続対策に購入しているという。
郊外マンションも値上がりし、2006~07年のミニバブル期の価格水準を超えた。この活況はいつまで続くのか?

本誌は『週刊東洋経済』2015年5月23日号掲載の35ページ分を電子化したものです。

●●目次●●
続々と立ち上がる再開発プロジェト
【PART1都心再開発バブル!】
不動産大手、最後の陣取り合戦
Interview三菱地所社長 杉山博孝「丸の内開発に終わりはない」
独自路線をひた走る森トラストの皮算用
日本買いに沸騰する海外マネー
狙いは訪日客、変わる銀座
JRが主導する品川再開発の行方
地方に波及するホテル投資
大阪のオフィス供給に変化。梅田人気に拍車
【PART2マンション異次元価格】
収入倍率10倍。マンションが買えない!
column「まだまだ熱い湾岸。6年で価格3割上昇も」
新「億ション」、買い手の正体
郊外マンションも値上がり
大手も駆け込む長谷工の施工力
中古マンション本当に買いか
戸建て1000万円台が続出! 郊外で進む戸建てデフレ

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2015
7月28日
言語
JA
日本語
ページ数
60
ページ
発行者
東洋経済新報社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
4.1
MB

週刊東洋経済編集部の他のブック

このシリーズの他のブック