不思議な‪話‬

    • ¥100
    • ¥100

発行者による作品情報

北海道のある大学で起こった出来事である。

その大学に、いつも校舎の片隅で一人瞑想にふけっているような陰気な青年がいた。

ある霧の深い夜、その青年がこっそりと寮を抜け出すところを同級生が見つけ、面白がってその後をつけた。青年は急ぎ足で近くにある墓場へと向かった。

同級生は墓場で青年を見失ってしまい・・・。(「死体を喫う学生」より)


著者紹介


一八八〇年、高知県三里村に生まれる。漢学塾に学び、小学校教員、新聞記者を経て上京。

総計五百三十回にわたり新聞連載された「旋風時代」で一世を風靡する。生涯にわたり再話に努めた怪談は総数五百編を超える。

一九三九年に取材執筆のため土佐に戻ったが、宿泊先の旅館で倒れ、翌四十一年初頭に没した。


収録内容


青い紐

馬の顔

黄金の枕

狼の怪

女の姿

空中に消えた兵曹

鮭の祟

死体の匂い

死体を喫う学生

白っぽい洋服

北斗と南斗星

魔王物語

ジャンル
ロマンス
発売日
2014年
3月23日
言語
JA
日本語
ページ数
112
ページ
発行者
近代文学研究会
販売元
KOJI KASHIMOTO
サイズ
1.1
MB