世界の再生可能エネルギーと電力システム 経済・政策編 世界の再生可能エネルギーと電力システム 経済・政策編

世界の再生可能エネルギーと電力システム 経済・政策‪編‬

    • ¥1,300
    • ¥1,300

発行者による作品情報

3.11以降、日本国内では再生可能エネルギーへの注目が高まり、導入も進んでいます。しかし、その歩みは遅く導入目標も高いとは言えません。欧米や中国、インドなどで、風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーの本格的な導入が始まっていることと比較すると日本国内は特殊な状況にあると言えます。

このシリーズでは、再生可能エネルギーの導入状況、将来予測、コストと便益、社会受容性、電力情報などについて、図表を豊富に用いて網羅的に比較分析しています。再生可能エネルギーと電力システムをめぐる世界と日本国内の状況の違い、その状況の違いを生みだしている誤った認識とあるべき姿について、しっかりと科学的に論じています。


シリーズ3冊目の本書では、再生可能エネルギーの普及や電力システムと関係する経済・政策面がテーマです。

火力発電の外部コストと再生可能エネルギーのもつ便益、エネルギー安全保障の視点、公平な競争環境、日本とドイツのFITなどについて解説します。それらをとおして再生可能エネルギーの普及は、技術的な側面だけでは語ることができず、経済的側面や政策的な制度設計が重要になることを示します。

【目次】

はじめに


第1章 世界ではなぜ再生可能エネルギーの普及が進むのか?

1.1 どの発電方式にも「隠れたコスト」がある

1.2 再生可能エネルギーには「便益」がある

1.3 再生可能エネルギーは安全保障の切り札である


第2章 我々の「システム」は完璧だろうか?

2.1 我々の現在のシステムは実はうまくいっていない

2.2 現状を是正しなければ問題は解決しない

2.3 レフェリーなしでは公平に戦えない

2.4 今までどおりでは生き残れない

2.5 再生可能エネルギーも完璧ではない


第3章 再生可能エネルギーのコストは誰が払うのか?

3.1 固定価格買取制度(FIT)は市場を歪める?

3.2 FITで再エネ事業者は大儲け?

3.3 FITで国民負担が増大する?

3.4 ドイツのFITは失敗した?

3.5 日本の再生可能エネルギーはなぜ高い?


第4章 おわりに:賢く生き残るために


参考資料

著者紹介

ジャンル
政治/時事
発売日
2019年
2月8日
言語
JA
日本語
ページ数
165
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
10.2
MB

安田陽の他のブック

世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力システム編 世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力システム編
2018年
世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編 第2版 世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編 第2版
2020年
世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力市場編 世界の再生可能エネルギーと電力システム 電力市場編
2020年
世界の再生可能エネルギーと電力システム 系統連系編 世界の再生可能エネルギーと電力システム 系統連系編
2019年
再生可能エネルギーのメンテナンスとリスクマネジメント 再生可能エネルギーのメンテナンスとリスクマネジメント
2017年
送電線は行列のできるガラガラのそば屋さん? 送電線は行列のできるガラガラのそば屋さん?
2018年