• ¥1,200

発行者による作品情報

大ヒットシリーズ『記憶屋』の著者が放つ、
世にも切ない「初恋×吸血」ミステリー!
ちりばめられた精巧な伏線の数々に、
あなたはきっと何度もダマされる!!!

九年越しの恋心も、連続する猟奇殺人事件も、
始まりは、月がきれいな夜だった——。

九年前に一度会ったきりの美少女を想い続ける、大学生の花村遠野。
彼が通う大学にほど近い住宅街では、人外の仕業とも噂される血まみれの惨殺事件が起きていた。
犯人は、吸血鬼——!?
サークルの仲間と現場を訪れた遠野はそこで、記憶のなかの美少女にそっくりな姉妹と出会う。
奇跡のような再会をものにするため、遠野は、事件を捜査中だという彼女たちに犯人探しの協力を申し出るが、容疑は身内にまでおよぶことに。そこへまた新たな殺人事件が……。
犯人は誰なのか。そして、遠野の恋の行方は?

「世界をよくしたいのは、自分が幸せでいるためだ。
彼女と一緒にいるためだ。それの何が悪い」

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
6月6日
言語
JA
日本語
ページ数
310
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.5
MB

織守きょうやの他のブック