世界史の中の戦国大名 世界史の中の戦国大名

世界史の中の戦国大‪名‬

    • ¥1,200
    • ¥1,200

発行者による作品情報

ポルトガルインド総督に使節を派遣した大友氏。アユタヤ国王との接触を図る松浦氏。カンボジアとの「国交」樹立を目論む島津氏。さらには天正遣欧使節や伊達政宗による慶長遣欧使節。あるいは、その本拠地で花開いた国際色豊かな「コスモポリタンシティー」ーー国の「王」として、狭い冊封体制の枠組みを越え、東南アジアから南アジアへ、そしてヨーロッパへと、対外活動を地球を俯瞰する広範囲へと拡大してゆく戦国大名たち。日本史の文脈を越え、世界史のコンテクストの中から見えてくる、戦国大名のこれまでとはまったく異なった新たな姿を提示する。

ジャンル
歴史
発売日
2023年
10月19日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
23.2
MB

鹿毛敏夫の他のブック

月に名前を残した男 江戸の天文学者 麻田剛立 月に名前を残した男 江戸の天文学者 麻田剛立
2012年
アジアのなかの戦国大名 アジアのなかの戦国大名
2015年