• ¥330

発行者による作品情報

尖閣諸島問題をはじめ、政治的には小競り合いを繰り返す日中間だが、中国との経済的結び付きは強まる一方だ。
かつては、趣味あるいは「いずれ役に立つかも」という理由で中国語を学ぶ人が多かったが、最近はビジネス上の必要に迫られて、中国語を急いで勉強しなくてはならない人が増えてきた。
中国語に前向きに取り組もうとするあなたも、やむなく中国語を勉強しないといけなくなったあなたも、中国語の基礎の基礎はこの一冊で大丈夫。達人たちの勉強法や、必要最低限の基本単語、中国語の方言やエチケットなど、中国語を“ざっくりと”理解しよう。

本誌は『週刊東洋経済』2011年2月26日号第1特集の30ページ分を抜粋して電子化したものです。

●●目次●●
13億人とのコミュニケーション
インタビュー 何歳でも留学なしでも「繰り返し」で上達可能
中国語は発音が命 耳と口で慣れるまで!
中国語の常識エチケット 同じ漢字圏でも要注意
中国語方言分布図
広東語 方言以上の存在でも学習者が増えない理由
台湾華語 同じ中国語でも大陸とはこれだけ違う
現地に行っても困らない これが私の中国語学習法
ビジネスに役立つ単語250
ビジネスに役立つフレーズ120
ビジネスに役立つ例文60
視野を広げる固有名詞106
中国語をモノにするための7カ条

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014
8月14日
言語
JA
日本語
ページ数
44
ページ
発行者
東洋経済新報社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
6.6
MB

カスタマーレビュー

penpen_17

ページ数は多いものの…

例文や単語など、もう少し具体的な内容を紹介して貰えると参考になります。東洋経済はよく読ませて頂いているので、これからも期待しています。

週刊東洋経済編集部の他のブック

このシリーズの他のブック