中央銀行は持ちこたえられるか――忍び寄る「経済敗戦」の足音 中央銀行は持ちこたえられるか――忍び寄る「経済敗戦」の足音

中央銀行は持ちこたえられるか――忍び寄る「経済敗戦」の足‪音‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥750
    • ¥750

発行者による作品情報

今や政府の債務残高は1200兆円を超え、名目GDP比の250パーセントに迫る勢いだ。その増加傾向にブレーキはかからず、安倍政権が目標とする「2020年プライマリー・バランス黒字化」の目途はまったく立っていない。増え続ける巨大債務を抱えながらも「デフレ脱却」を至上命題として、掟破りの異次元緩和と“事実上の財政ファイナンス”に邁進する政府・日銀。しかし、成果は一向に上がらず、もはや「出口」の見えない展開に突入しつつある。このまま行けば遠くない将来、日銀の政策運営が制御不能となる日が必ず来る。その時、われわれ国民を襲う悲劇的な結末とは!? 恐るべき警告の書。【目次】第一章 わが国の政策運営の油断と慢心/第二章 「財政危機」のあり得るシナリオ/第三章 欧米諸国と日本「財政・金融政策」比較/第四章 金融危機後の「金利ゼロ」の世界と「量的緩和」/第五章 中央銀行は持ちこたえられるか/第六章 財政破綻のリアルI――欧州債務危機の経験から/財政破綻のリアルII――戦後日本の経験から/第八章 蓄積され続けるリスクと遠のく正常化/第九章 なぜ掟破りの政策運営は“放置”されてきたか/第一〇章 子どもたちの将来への責任/あとがき/参考文献

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2016年
11月17日
言語
JA
日本語
ページ数
264
ページ
発行者
集英社/集英社新書
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
14.9
MB

河村小百合の他のブック

日本銀行 我が国に迫る危機 日本銀行 我が国に迫る危機
2023年
「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録 「戦後80年」はあるのか――「本と新聞の大学」講義録
2016年