中沢啓治著作集2 黒い雨にうたれて5‪巻‬

    • ¥250
    • ¥250

発行者による作品情報

「はだしのゲン」に結実した、中沢啓治初期の傑作短編集。 市井の人々の悲しみや怒りが描き込まれ、戦争や原爆を伝えるには最良の作品集です。 この短編シリーズがなければ「はだしのゲン」は生まれなかった!  東京で漫画家となった中沢啓治は、母の死で帰省する。そのとき火葬された母の骨は一切残らずショックを受けた。原爆への激しい怒りと悲しみに打ちひしがれながら東京へ戻ったその足で、一気に表題の「黒い雨にうたれて」を描き上げる。 様々な版元へ持ち込むものの、政治色の強い作品はなかなか掲載誌が決まらなかったが、ようやく漫画バンチに掲載されたところ、反響が大きく黒いシリーズとして連載される。 同作他8編の、若かりし著者の熱い想いが伝わる貴重な傑作短編集。 

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2019年
9月27日
言語
JA
日本語
ページ数
27
ページ
発行者
垣内出版
販売元
CREEK & RIVER CO LTD
サイズ
14.9
MB

中沢啓治の他のブック

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年

このシリーズの他のブック

2019年
2019年
2019年
2019年
2019年
2019年