• ¥1,000

発行者による作品情報

出井伸之と社長レースを争ったこともある(?)、

NHK「プロジェクトX」にも登場した元ソニー役員が傘寿(80歳)を超えて、

まだ働くのはなぜか──

シルバー世代(後期高齢者)による

画期的な「就活・終活・仕事」論



20代、30代よ、人生後半戦は楽しいよ!

40代、50代よ、定年なんか怖くないよ!

60代、70代よ、君たちはまだ若いよ! ──と言いたい!



「この本は、後半戦にチャレンジしていくことになる後輩たちへのエールのつもりだが、前半戦をいま戦っている人たちにも是非読んでいただきたい。マラソンは折り返し地点で終りではない。人生の勝負はゴールで決まる」



定年後やってはいけない十戒

1学校に行く2資格を取る3語学の勉強をする4ジムに行く5葬式に行く6本を書く7勲章を貰う8NPOに参加9会社を創る10勝負事をする。

さて、定年後やるべきことは……(本書をお読みください)



「古稀」「還暦」どころか「傘寿」を超えて「米寿」「白寿」「百寿」まで働くために――誰も気付かなかった人生哲学の書──

ビジネスマンの人生は、20代から定年(60歳)までの40年と、定年後の60代から百歳(少なくとも九十歳) までの40年とに分けられる。前半(表)と後半(裏)の人生、どちらも「勝ち戦」にするにはどう働くべきか───。

ジャンル
政治/時事
発売日
2017
7月26日
言語
JA
日本語
ページ数
106
ページ
発行者
ワック
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.2
MB

郡山史郎の他のブック