• ¥200

発行者による作品情報

九鬼周造の傑作8作品を掲載しています!

九鬼周造は戦前に活躍した日本の著名な哲学者です。

東京大学哲学科卒業後、ヨーロッパ諸国へ足かけ8年間ものあいだ留学しました。

はじめドイツに渡り、ハインリヒ・リッケルトに師事、その後フランスに渡り、アンリ・ベルクソンと面識を得るなどし、彼の哲学から強い影響を受けました。

その後ふたたびドイツに留学すると、今度はマルティン・ハイデッガーに師事し、現象学を学びました。

九鬼は三木清や和辻哲郎などとともに日本でハイデッガーの哲学を受容した最初の世代にあたり、「実存」といった哲学用語の訳語の定着をはじめとして、日本におけるハイデッガー受容において彼が果たした役割大きかったと言えます。

また、ハイデッガーの方も九鬼を高く評価していました。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビの違いごとに一作品として紹介しています。

<目次>
伝統と進取
外来語所感
祇園の枝垂桜
偶然の産んだ駄洒落
「いき」の構造
「いき」の構造
かれいの贈物
小唄のレコード

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
6月21日
言語
JA
日本語
ページ数
334
ページ
発行者
Micpub.com
販売元
PublishDrive Inc.
サイズ
8.3
MB

九鬼周造の他のブック

このシリーズの他のブック