乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび【電子版特典付き】 乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび【電子版特典付き】

乱歩殺人事件――「悪霊」ふたたび【電子版特典付き‪】‬

    • ¥2,200
    • ¥2,200

発行者による作品情報

江戸川乱歩のいわくつきの未完作「悪霊」

デビュー百年を越え、いま明かされる、犯人・蔵の密室・謎の記号の正体。

そして、なぜ本作が、未完となったのか――



乱歩の中絶作を、芦辺拓が書き継ぎ完結させる! そのうえ、物語は更なる仕掛けへ……。





1923年(大正12年)に「二銭銅貨」でデビューし、探偵小説という最先端の文学を日本の風土と言語空間に着地させた江戸川乱歩。満を持して1933年(昭和8年)に鳴り物入りで連載スタートした「悪霊」は、これまでの彼の作品と同様、傑作となるはずだった。

謎めいた犯罪記録の手紙を著者らしき人物が手に入れ、そこで語られるのは、美しき未亡人が不可思議な血痕をまとった凄惨な遺体となって蔵の2階で発見された密室殺人、現場で見つかった不可解な記号、怪しげな人物ばかりの降霊会の集い、そして新たに「又一人美しい人が死ぬ」という予告……。

期待満載で幕を開けたこの作品はしかし、連載3回ののち2度の休載を挟み、乱歩の「作者としての無力を告白」したお手上げ宣言で途絶した。



本書は、『大鞠家殺人事件』で日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞した芦辺拓が、乱歩がぶちあげた謎を全て解き明かすと同時に、なぜ「悪霊」が未完になったかをも構築する超弩級ミステリである。





【電子版特典】

「芦辺拓+江戸川乱歩特別対談 ~「悪霊」の九十年ぶり完結を記念して~」 (※芦辺拓書き下ろし)

ジャンル
小説/文学
発売日
2024年
1月31日
言語
JA
日本語
ページ数
228
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
5
MB

芦辺拓 & 江戸川乱歩の他のブック

奇譚を売る店 奇譚を売る店
2015年
ダブル・ミステリ ダブル・ミステリ
2016年
殺人喜劇の13人 殺人喜劇の13人
2015年
裁判員法廷 裁判員法廷
2010年
和時計の館の殺人 和時計の館の殺人
2004年
大鞠家殺人事件 大鞠家殺人事件
2021年