発行者による作品情報

明治から昭和初期にかけて小説家、評論家、随筆家として活躍した坂口安吾の物語。『二流の人』は底本の「坂口安吾全集04」では「小説・物語」として収録されている。本書は、「小田原にて」「朝鮮で」、「関ヶ原」のような3章構成。

ジャンル
小説/文学
発売日
1951
1月31日
言語
JA
日本語
ページ数
95
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
77
KB

坂口安吾の他のブック