交渉術 日本人VS中国人、最後に笑うのはどっち‪か‬

    • ¥660
    • ¥660

発行者による作品情報

同じ漢字を使い、同じような容姿をしていながら、日本人と中国人は「似て非なる」人種である。
日本人は真実は1つしかないと信じ込み、白か黒かの決着をつけたがる。
中国人は真実は2つ以上あるとおおらかに考え、1つの結論を押しつけない。
日本人は「ワイロはすべて悪い」と決め付ける。
中国人は「ワイロには悪いワイロと、とよいワイロに二つがある」と考える。

日本人と中国人、それぞれの考え方・文化背景の違いを、孔子の七十五代直系子孫、孔健氏が解説します。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2016年
7月22日
言語
JA
日本語
ページ数
162
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
765
KB

孔健の他のブック

2016年
2016年
2016年
2007年
2006年