• ¥1,000

発行者による作品情報

グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2015
3月9日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
11.5
MB

カスタマーレビュー

ぬかよろ

人工知能に興味を持った人は是非!

自分自身、参考書として拝読させて頂きましたが、個人的には凄く分かりやすい内容でした。

中でも【人工知能がまだ出来てない】と言う事実に驚きましたが、読んで行くに連れ『なるほど…そういう事なのか』と、世間一派的に知られている誤解についても詳しく、分かりやすく書かれていると思います。

フィクションで語られている人工知能をテーマにした作品の多くはマイナスイメージが強く、自分自身もそう思っていましたが、この本を読んだ事によって見方が変わりました。

少しでも人工知能に興味を抱いた方や気になる人は是非オススメします。

松尾豊の他のブック