• ¥1,400

発行者による作品情報

大正7年生まれ。2017年1月で99歳。都内の一戸建にひとりで暮らす、日本初の生活評論家・吉沢久子さんは今も現役。
10代の頃から「自分はひとりでも生きられる自立した人間でいたい」と決意し、どんなときでも自分らしく、自分で幸せを作ってきました。
そんな吉沢さんを2001年から30回近く取材してきた雑誌「ゆうゆう」。
その取材の中から、著者の前向きな暮らし方と珠玉の言葉を集めました。
老いても、一人でも、病を抱えていても、自立の意思を持って、自分らしく面白がって生きることこそ人生の贅沢。
「私は毎日『今日が最高』と思って生きています」「面白がりの精神を持ち続けたい」「物忘れを嘆くより、新しく出会うことに目を向ける」
「一人でも丁寧に暮らす」「毎日は繰り返し。でも同じじゃない」……それはすべての女性を元気にする言葉の贈り物、生き方のバイブル。もちろん、食いしん坊の著者のこと、おいしい話もてんこ盛り!

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2017年
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
主婦の友社
販売元
SHUFUNOTOMO CO LTD
サイズ
44.7
MB

吉沢久子の他のブック

2016年
2017年
2021年
2018年
2019年
2021年