• ¥740

発行者による作品情報

日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(2巻概要)いかに遠くとも、広布の幾山河を踏破するには、地道な一歩から始めるしかない。昭和21年9月、戸田は、栃木・群馬へ戦後初の地方折伏を行い、“妙法の一粒種”を蒔くことに精魂を傾ける。11月、新生日本の象徴たる日本国憲法の発布と時を同じくして、戸田理事長のもと、学会は戦後第1回の総会を開催する。社会では労働運動などが激化し、政治革命への期待が広がるが、“真実の革命は宗教革命なり”と知る戸田は、泰然と布教の指揮をとる。その薫陶のなかで、学会の青年たちは日蓮仏法の正しさを実感していく。翌22年の8月14日、蒲田で行われた座談会に、山本伸一という青年が出席する。彼は尋ねる。「正しい人生とは」「真の愛国者とは」……。伸一は19歳、戸田は47歳。戸田は、懐かしき師である牧口との出会いを思い起こしながら、伸一との邂逅に運命的な絆を感じるのであった。その10日後の8月24日、伸一は入信する。(2巻目次)幾山河/序曲/光と影/前哨戦/地涌/車軸

ジャンル
宗教/スピリチュアル
発売日
2013
11月19日
言語
JA
日本語
ページ数
251
ページ
発行者
聖教新聞社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.9
MB

池田大作の他のブック

このシリーズの他のブック