人‪間‬

    • 2.0 • 2件の評価
    • ¥1,000
    • ¥1,000

発行者による作品情報

又吉直樹の初長編小説にして、『火花』『劇場』に続く第3弾小説が1万字を超える加筆を行い待望の文庫化!



38歳の誕生日に一通のメールが届いた。

呼び起こされる痛恨の記憶と目前に立ち上がるあの日々の続き。



漫画家を目指し上京した永山が住んだ、美術系の学生が集う共同住宅・通称「ハウス」。

飯島、田村、仲野、めぐみ、奥……同居人たちとの生活の中で降ってわいた希望と、

すべてを打ち砕いたある騒動。そして「おまえは絶対になにも成し遂げられない」という仲野の予言。



神様はなんで才能に見合った夢しか持てへんように設定してくれんかったんやろ。

それかゴミみたいな扱い受けても傷つかん精神力をくれたらよかったのに。



何者かになろうとあがいた青春と何者にもなれなかった現在、

上京以降の20年の末に永山に辿り着いた境地は? そして「人間」とは?

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
4月21日
言語
JA
日本語
ページ数
332
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
2
MB

又吉直樹の他のブック

2017年
2019年
2017年
2017年
2017年
2017年