• ¥720

発行者による作品情報

マルクスは人間や社会や歴史をどうとらえ、『資本論』で何を語り、近代資本主義の未来をどのように予見したのか? 今やマルクス主義は本当にもう無効になってしまったのだろうか? 20世紀世界の根幹的思想を、独自の視点と平明な言葉で掘り返し、脱近代への発展的継承を試みる。(講談社現代新書)

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1990
6月15日
言語
JA
日本語
ページ数
270
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
737.9
KB

廣松渉の他のブック