• ¥330

発行者による作品情報

日本の株式相場にようやく明るさが出てきた。デイトレーダーらも年明けから積極参戦。信用取引の規制緩和もあって出来高も急増した。超低金利は長期化する見通しもあり、資産形成に株式を組み入れてみる価値はありそうだ。本書では、これから株式投資に挑戦してみたい読者へ向けて「基礎の基礎」をポイントを絞ってお伝えする。
まずは株式投資の魅力発見。
○少額分散投資から始める。
○株主優待だって魅力的。
○マクロ経済で相場の全体像を見る。
○信用取引を使い短期で稼ぐ。
一方、配当金や売買益には税金のことだって気にかかる。復興特別所得税や2014年の軽減税率撤廃やその緩和措置とは。「日本版ISA」ってなに。
締めくくりは、相場歴40年超の達人が日本株相場を語る。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2013
7月22日
言語
JA
日本語
ページ数
21
ページ
発行者
東洋経済新報社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.3
MB

週刊東洋経済編集部の他のブック

このシリーズの他のブック