• ¥850

発行者による作品情報

平成元年、ベルリンの壁とともに世界秩序も崩壊したことに気づかず、バブルに浮かれていた日本人。バブル崩壊後も、相次ぐ大災害と長きデフレにより、目先の生活を守ることに追われて、志向はさらに内向きに。そして日本は、理念を持たない「戦争ができる国」となり、「デマと差別が溢れる国」となった。その姿は、国際社会から取り残され、無謀な戦争に突き進んだ戦前の日本とあまりに重なる。過たずに済む分岐点はどこだったのか。昭和史研究の泰斗と現代を代表するジャーナリストが、平成の失敗を徹底的に検証した白熱対談。

ジャンル
歴史
発売日
2019
5月29日
言語
JA
日本語
ページ数
193
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.1
MB

半藤一利 & 池上彰の他のブック