令和時代の公用文 書き方のルー‪ル‬

    • ¥2,600
    • ¥2,600

発行者による作品情報

1952年以降はじめて抜本的に公用文のルールが変わる!



文化庁文化審議会国語分科会国語課題小委員会が、1952年にできた「公用文作成の要領」の見直しを70年ぶりに行い、このたび「新しい「公用文作成の要領」に向けて」(令和3年3月12日)という報告書をまとめた。



この成果物は今後、府省庁の文書作成の基準となり、さらに自治体はもちろん、社会一般においても、文書作成のスタンダードとなる内容となっている。



本書は、この報告書をふまえて、新しい公用文の書き方を紹介し、具体的な例文をふんだんに盛り込んだ。



この新しい公用文の書き方のルールには、例えば、



◯読点には、原則として「,」(コンマ)ではなく「、」(テン)を使う



◯1文が50~60字程度になってきたら、読みにくくなっていないか意識するとよい



◯情報発信を「書き言葉によるコミュニケーション」と捉える



などの画期的な提案がある。



府省庁や地方自治体の職員の方、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士など士業の方、国や自治体と仕事上の文書のやり取りをする方などなど、公式文書を書く際のルールを知りたいすべての方にとって、欠かせない1冊!

ジャンル
政治/時事
発売日
2021年
4月23日
言語
JA
日本語
ページ数
165
ページ
発行者
学陽書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
24.3
MB

小田順子の他のブック