• ¥710

発行者による作品情報

伽羅に似た香りの鬢付け油が大人気の『錦屋』。その主・卯三郎は、何でも金の力で他人のものを奪い取ると評判だ。ある日、腹を真一文字に斬られた男の死体が見つかった。青柳剣一郎は、男が錦屋を探っていたと知り、卯三郎が本物の伽羅をつかっているのではと疑う。さらに、錦屋の用心棒が相次いで襲われ、大盗賊が伽羅を狙っていた話を耳にする。欲望渦巻く争いの行方は!?

ジャンル
小説/文学
発売日
2017
9月11日
言語
JA
日本語
ページ数
175
ページ
発行者
祥伝社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4.4
MB

小杉健治の他のブック

このシリーズの他のブック