• ¥300

発行者による作品情報

昼夜貪りあう母と息子が辿った淫欲の結末!


女流ポルノ作家・わかつきひかるが、官能小説誌から依頼を受けて、女たちのエッチな体験談をもとに執筆した告白手記風リアルファンタジー。


第二話は、華道の師範という上品な人妻が語る秘められた過去。


他所に愛人を作り家庭をかえりみない証券マンの夫。だが、舅姑の苦労もなく、月々の生活費も滞ることなかったので人妻は寂しいと感じたことはなかった。かわいい一人息子を日々世話することで満ち足りていた。ある日、夫が会社の金を使い込んだ末に自殺。彼女は四十歳で未亡人となった。息子は十七歳のハンサムな青年へと変貌。父の死を嘆き、母の胸にすがりつく息子。愛しさのあまりキスしてしまう彼女。「か、かあさん……だ、だめだよ。僕たち、親子じゃないか……」


【著者プロフィール】

わかつきひかる

2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
12月10日
言語
JA
日本語
ページ数
18
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

わかつきひかるの他のブック

このシリーズの他のブック