• ¥740

発行者による作品情報

「保険は99%がはずれる宝くじ」「医療保険は検討に値しない」「いまどき、保険で貯蓄は疑問」――。生命保険のカラクリ、業界の裏話から、本音の「おすすめ」商品まで、生保会社の営業マンとして長年勤務した保険コンサルタントが、具体的な商品などを挙げながら明かす、生保のすべてがわかる本です。

・なぜ広く、長く入ってはいけないか
・「元本割れしない」に惑わされてはいけない理由
・販売員は、売ったらほとんど退社する
・大手生保会社の管理職が入っている保険は?
・保険料の目安は手取り収入の1%
・お金があるなら、入る必要なし?

大切なのは、消費者がテレビCMやパンフレットを鵜呑みにせず、疑ってみること。「低価格で、手厚く幅広い保障がいつまでも続く保険商品」や「資産形成に有利な保障と貯蓄を兼ねる保険」など現実には存在しません。
でも、保険業界への疑問や批判を目的にした本ではなく、読者が正しい保険選びができるようになり、結果として自己資金の使い道を自由にできるようになる可能性を広げる本です。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2013
10月8日
言語
JA
日本語
ページ数
232
ページ
発行者
日本経済新聞出版社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
3.5
MB

後田亨の他のブック