信‪仰‬

    • 4.2 • 6件の評価
    • ¥1,300
    • ¥1,300

発行者による作品情報

世界中の読者を熱狂させる、村田沙耶香の最新短篇&エッセイ


「なあ、俺と、新しくカルト始めない?」


好きな言葉は「原価いくら?」で、

現実こそが正しいのだと、強く信じている永岡。

同級生から、カルト商法を始めようと誘われた彼女は――。


信じることの危うさと切実さに痺れる8篇。


〈その他収録作〉


★生存

65歳の時点で生きている可能性を数値化した、

「生存率」が何よりも重要視されるようになった未来の日本。

生存率「C」の私は、とうとう「野人」になることを決めた。


★書かなかった小説

「だいたいルンバと同じくらいの便利さ」という友達の一言に後押しされて、クローンを4体買うことにした。

自分を夏子Aとし、クローンたちを夏子B、C、D、Eと呼ぶことにする。

そして5人の夏子たちの生活が始まった。


★最後の展覧会

とある概念を持つ星を探して、1億年近く旅を続けてきたK。

彼が最後に辿り着いた星に残っていたのは、1体のロボットだけだった。

Kはロボットと「テンランカイ」を開くことにする。


ほか全8篇。

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
6月8日
言語
JA
日本語
ページ数
160
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.6
MB

村田沙耶香の他のブック

2018年
2016年
2016年
2018年
2010年
2017年