信長の笑み、光秀の‪涙‬

    • ¥730
    • ¥730

発行者による作品情報

天正十年六月二日、本能寺にて起きた謀叛劇。自害して果てる寸前「是非に及ばず」と洩らし笑みを浮かべたという織田信長の真意とは? そして、事件から十五年以上が経った頃、変の首謀者・明智光秀をめぐり武将たちの策謀がはじまる――。「本能寺の変」の常識を覆す傑作歴史小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
1月16日
言語
JA
日本語
ページ数
239
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.6
MB