発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、岸田 國士(1890年11月2日 - 1954年3月5日)は日本の小説家・評論家・翻訳家・演出家。代表作に、戯曲『牛山ホテル』、『チロルの秋』、小説『暖流』、『双面神』など。この作品は底本の「岸田國士全集20」では評論・文学研究としてまとめられている。初出は「岩波書店」1990(平成2)年3月8日。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1930
5月2日
言語
JA
日本語
ページ数
7
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.9
KB

岸田國士の他のブック