• ¥1,300

発行者による作品情報

2012年、『Junk』で吉川英治文学新人賞候補となった三羽省吾の感動連作短編集。ヒーローになんてなれるわけもなく、華やかなハッピーエンドが待っている気がしない自分の人生。教室の端っこで、社会の片隅で、不器用に生きる、どこにでもいる「わたしたち」に贈る物語。どんなに地味でもどれだけ辛いことがあっても……誰もが、自分の人生では、たった一人の主人公。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
3月8日
言語
JA
日本語
ページ数
195
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.9
MB

三羽省吾の他のブック