• ¥2,600

発行者による作品情報

植民地朝鮮で過ごす幼少期が「僕」の昭和の始まり。受験失敗、厳しい陸軍の日々、敗戦、生活困難のなか書かれた文壇デビュー作「ガラスの靴」。芥川賞受賞の頃には復興も進み時代が大きく変わり始める。六〇年安保の年、アメリカ南部留学は敗戦国日本の戦後の意味を考える視座をもたらした。そして高度経済成長や学園紛争といった新たな変化。激動の昭和を個人的な実感に基く把握と冷静な筆致で綴った記念碑的名作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
8月12日
言語
JA
日本語
ページ数
800
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
3.4
MB

安岡章太郎の他のブック