• ¥400

発行者による作品情報

TPPなんて怖くない! 世界に誇る日本の農業とは?


TPP交渉をめぐって揺れる日本の農業。

関税が撤廃されたら、果たして日本の農業はどうなってしまうのか?

こんな時代だからこそ、高品質の農産物が日本を救う!?

本書では、SATOYAMAのコンセプトやブランディング米の成功例などを紹介。

地域農業が生き残るために必要な理念や農業の仕組みを提案する。

世界に訴えるべき日本農業の魅力とはなにか?

TPPをチャンスに変える! リスクの時代を生きるために、いま必要な新しい農業のカタチ。


【目次】

●儲かる農業をやりなさい! もくじ


第一章 「奇跡のリンゴ」が起こした風

■「自然栽培」と「慣行農業」は対立しない


第二章 TPPで変わる農と食

■TPPをチャンスに変えるために

■世界中どの国も農業を保護している

■第二の開国「TPP」

■農業の生産性

■どう作るか、どう売るか

■スーパーが「売っているもの」―流通革命がもたらしたもの


第三章 タネと肥料が農業を変える

■有機農業の虚構と実力

■有機でなくても安全な野菜はできるか

■自然と共生する農業

■現代の有機肥料

■種が危ない! 農業の基本はタネにある

■種子の「いのち」が脅かされている

■固定種とF1種とのベストマッチングとは


第四章 新しい農のかたち

■TPPで変わる農産物のマーケット

■安売りはしない! 価値を伝える!

■「国内移民」こそ地域復活のカギ

■お願いしてはダメ

■「世界農業遺産」の意義

■地域の農家が生き残る仕組みを作る


第五章 新しい農業の扉が開いている!

■リスクの時代を生きるために

■否定しないで、選択肢を広げる

■新しい農業が時代を変える

■世界を幸せにする日本の農業


・鈴木 渉(すずき・わたる)


国際連合大学サステイナビリティ高等研究所シニア・コーディネーター。環境省自然環境計画課、東北地方環境事務所、生物多様性地球戦略企画室、生物多様性センター等を経て、2012年4月より現職。SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局次長として、持続可能なランドスケープ及びシースケープの利用を目指すSATOYAMAイニシアティブの推進のため、国際的なネットワークづくりと活動支援に携わる。

■アメリカの国立公園、野生生物保護区について連載「アメリカ横断ボランティア紀行(EICネット)」

http://www.eic.or.jp/library/pickup/usa_index.html


・中島孝志(なかじま・たかし)


東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師。

「キーマンネットワーク定例会」のほか、

「原理原則研究会in東京」

「原理原則研究会in大阪」

「原理原則研究会in博多」

「原理原則研究会in名古屋」

「原理原則研究会in神の国出雲」

「原理原則研究会in新潟」

「原理原則研究会in札幌」

「中島孝志の日曜読書倶楽部」

「松下幸之助経営研究会」いずれも毎月開催。


講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で高い評価を得ている。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料ネット、大手企業の社内報から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。

著訳書は260冊超。政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。

読書は年間3000冊ペース。落語と大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。

毎日音声&文字で配信! ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く! 通勤快読」が超人気!


■中島孝志のキーマンネットワーク

http://www.keymannet.co.jp/


■毎日更新の痛快読書情報サイト「中島孝志の 聴く! 通勤快読」

http://www.keymannet.co.jp/listen/


■ほぼ毎日発行メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読宅配便」

http://foomii.com/00080

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
12月18日
言語
JA
日本語
ページ数
56
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB