• ¥950

発行者による作品情報

売り切れのまま店頭に並ぶことのなかった幻の名著を復刻!


鏑木ファンは多い。特に、ベテランからの圧倒的な支持を受けている。言葉を換えて言えば、ベテランほど“鏑木本”を読んでいる印象を受ける。相場の世界に入ったばかりの人は「魚(儲かる銘柄)」を欲しがる。相場がわかってきた人たちは「釣り方(儲けるノウハウ)」を知りたがる。そして、相場の達人の領域にまでたどり着いた人たちは「釣りをするときの心構え(心のコントロール)」を手に入れたいと思うようになる、ようだ。達人の領域に近づけば近づくほど「心構え→ノウハウ→銘柄」の優先順位になる。初心者の優先順位が「銘柄→ノウハウ→心構え」であるのとは対照的だ。“鏑木本”はこの「達人たちが痛感している心構えの重要性」についてを、エピソードを交えながら紹介している。しかも、机上の話ではなく実践している者の話として、耳に痛くなく、それでいてときには手厳しい示唆を込めて紹介している。ここに、ベテランに受ける理由があるのだろう。本書『相場の張り方』も、もちろん、ベテランに受ける“鏑木本”独特の特長をしっかり受け継いでいる。目次を見ていただければ、それは一目瞭然だ。相場が上達すればするほど、うなづかされることの多くなる“鏑木本”。“鏑木本”で紹介されていることは、投資で利益を上げるようになれば、必ず通る道である。一度は目を通しておいても、損はない。


注)本書の副題は「先物の世界」になっているが、内容は先物に限ったことではなく、相場全体に通じるものである

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2005
10月20日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
パンローリング株式会社
販売元
Pan Rolling Inc.
サイズ
862.9
KB

鏑木繁の他のブック