入門 企業金融論―基礎から学ぶ資金調達の仕組‪み‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥2,800
    • ¥2,800

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

多くの大学の経済学部・経営学部で開講されている「企業金融論」「企業財務論」「コーポレートファイナンス」のためのテキスト。
多くの「コーポレートファイナンス」のテキストは、数理モデルの解説が中心だが、本書は、数学が苦手な学生・社会人でも「読めばわかる」ように、銀行借入や株式、社債など、企業の資金調達の仕組みを、非常に平易に解説。重要な金融用語についても丁寧に解説されており、一通り読めば「企業から見た金融の仕組み」の基礎が、十分に身につく一冊。理解度を確認するための練習問題つき。

本書の特徴は以下の通り。
第1に、企業からの視点で、企業金融をとらえている。多くの金融論の書籍は、金融機関や金融市場が中心の視点で書かれているが、本書はあくまでも「主役は企業」という立場で記述している。
第2に、「ファイナンス理論」の書籍とは、構成・内容ともに、一線を画している。ファイナンス理論を学ぶ前に読んでほしい1冊である。
第3に、複雑な数式や計算をほとんど使っていない。この点は、とくに文科系の学生・出身者にとっては、大きなメリットとなる。

【主な内容】
序 章 企業金融とは何か
第1章 企業の資金需要
第2章 資金調達の形態
第3章 財務諸表の見方
第4章 キャッシュフロー
第5章 借入金(1)──借入れの種類と返済方法
第6章 借入金(2)──借入金利とメインバンク制
第7章 借入金(3)──担保
第8章 借入金(4)──保証
第9章 社債(1)──社債の種類
第10章 社債(2)──公募債と私募債
第11章 社債(3)──格付け
第12章 株式(1)──株式による資金調達
第13章 株式(2)──企業の合併・買収
第14章 アセット・ファイナンス
第15章 ベンチャー・ファイナンス

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2015年
3月5日
言語
JA
日本語
ページ数
338
ページ
発行者
東洋経済新報社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
75.2
MB

中島真志の他のブック

2017年
2020年
2014年
2016年
2017年
2020年