• ¥200

発行者による作品情報

100万部突破!新世代和風ファンタジー「八咫烏シリーズ」

短編集『八咫烏外伝烏百花蛍の章』の一編を電子書籍で配信!


猿と八咫烏の最終決戦から半年。桜花宮の筆頭女房・真赭の薄のもとに現れた元山内衆・澄尾が彼女に投げかけた衝撃の言葉とは?一方、南領出身の山内衆・千早と、その妹・結の兄妹関係も変化を迎え……。


第六巻『弥栄の烏』の幕間、人気キャラクターたちの関係の変化を描く、必読の短編。

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2018
5月10日
言語
JA
日本語
ページ数
34
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.4
MB

カスタマーレビュー

多摩のマイケル

凄い新人作家

「いつか、見せてやるよ」
最高にカッコ良かったです。
その場面、読んでみたいです。

阿部智里の他のブック

このシリーズの他のブック