発行者による作品情報

1892年の作品。町立病院の院長である主人公は、知識ある生活を渇望していたが、田舎の町には求めるべくもなかった。しかし、精神病棟の入院患者と話すうちに知的好奇心を満足させられ、患者のもとに足繋く通い出す。周りから不審に思われた院長は入院を勧められ、仕舞いには精神病患者として監禁されてしまう。我が国で初めてチェーホフを紹介した瀬沼夏葉の、明治の香りが伝わる格調高い翻訳である。(阿部哲也).

ジャンル
小説/文学
発売日
1910
4月1日
言語
JA
日本語
ページ数
157
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
128.8
KB

アントン・チェーホフ & 瀬沼夏葉の他のブック