共謀小説‪家‬

    • 2.0 • 1件の評価
    • ¥1,900
    • ¥1,900

発行者による作品情報

明治の世に小説家を志す17歳の宮島冬子は、当代一の文学者・尾形のもとで女中をしながら執筆に励むが、文壇からは相手にされず、望まぬ子を身籠もり窮地に立たされる。そんな冬子に「共謀しないか」と結婚を提案したのは、尾形の弟子・春明だ。その伴侶は優しき理解者か、おぞましい鬼か。異色の夫婦の愛を描いた衝撃作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
3月17日
言語
JA
日本語
ページ数
262
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
995.5
KB

蛭田亜紗子の他のブック

2012年
2011年
2018年
2020年
2017年
2018年