円地文子の源氏物語 巻三(わたしの古典シリーズ) 円地文子の源氏物語 巻三(わたしの古典シリーズ)
私の古典シリーズ

円地文子の源氏物語 巻三(わたしの古典シリーズ‪)‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

本巻は、いわゆる宇治十帖とよばれる巻である。「橋姫」の巻から「夢浮橋」の巻まで、宇治を舞台に、物語は繰り広げられる。光源氏亡きあと、その子(実は、柏木と女三の宮の子)薫の恋愛、帝の第三皇子匂宮の情熱を描き出す。『源氏物語』への尽きせぬ愛をこめて、現代語訳「円地源氏」ここに完成。

ジャンル
小説/文学
発売日
1996年
3月24日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
874.3
KB

円地文子の他のブック

菊慈童 菊慈童
1987年
雪燃え 雪燃え
1980年
女面 女面
1966年
なまみこ物語 なまみこ物語
1972年
円地文子の源氏物語 巻一(わたしの古典シリーズ) 円地文子の源氏物語 巻一(わたしの古典シリーズ)
1996年
食卓のない家 食卓のない家
1982年

このシリーズの他のブック

円地文子の源氏物語 巻一(わたしの古典シリーズ) 円地文子の源氏物語 巻一(わたしの古典シリーズ)
1996年
円地文子の源氏物語 巻二(わたしの古典シリーズ) 円地文子の源氏物語 巻二(わたしの古典シリーズ)
1996年